遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春のお慶びを申し上げます


2005年度「遊学の森トラスト」
会員募集を開始します。

テーマは、”里山空間を楽しみ、つくる”
                   遊学の森トラスト・代表・田中正治



鴨川の平塚地域に、1反(300坪)の棚田と、その上に林になっている棚田8枚(1反300坪)があります。皆でその棚田をトラスト(信託・お金を出し合う)で活用という話が進んでいます。

そこで稲、野菜、さつまいも、小豆を栽培しようとか、林を利用して、カブトムシを育てようという話、蛍がすめるように出来ないかとか、池を作ってフナを育てようとか、夏に林の中でヨガを出来るように出来たらいいねとか、まあ、色々な想いが出されています。

トラスト会費は、1口(1家族)=¥5000/年です。会員で田植えしたり、草取りしたり、稲刈りしたりして棚田で稲を育て、収穫した作物は、豊作、不作に関わりなく、会員で平等に分けます。

会員応募の方は、2005年度年会費:¥5000を郵便局の振り替え口座に振り込んでください。
1)口座名:  遊学の森トラスト
2)口座番号: 00130-2-315185

田中宅への地図は、遊学の森ホームページのアクセスをクリックしてください。
http://yuugaku.gozaru.jp/
(遊学の森ホームページ)

「遊学の森トラスト」の約束ごと
2004年1月

1)テーマは、”里山空間を楽しみ、つくる”です。
2)棚田約300坪と林(約300坪)をトラスト(信託)します。
3)トラストは、1口・¥5000/年×20家族会員=¥100000/年
4)¥100000は、もみ代、農機具代、通信費、材料費、運営費などに使用します。
5)収穫されたお米は、会員が平等に分配します。
6)棚田は、”不耕起栽培”などです。
7)林は、昆虫、水生動物、生態系の観察、蛍、かぶと虫の成育、池作り、魚を育てるなど子供が体験できるようにします。その他色々活用できます。
8)このグループの名前は、”遊学の森トラスト”と呼びます。
9)世話人会を中心に運営します。
10)世話人会は、自薦、他薦で自由参加OKです。
11)年一回会計報告をします。
12)代表者は、田中正治です。
13)事務所は、千葉県鴨川市平塚字大沢2502(田中/阿部宅)に置きます。
14)電話/FAX番号は、0470-98-0350(田中/阿部)です。

20050116130306s.jpg

スポンサーサイト

2月12日手打ちうどんづくり


遊学の森トラスト通信32(2月12日手打ちうどんづくり)
田中正治

●2月12日手づくりの手打ちうどん作り+野焼き

寒い日が続いていますが、お元気ですか。
寒い時にはあったかい物が一番。そこで次回イベントは、手づくりの手打ちうどんは、どうでしょう?
誰にでも出来る”簡単手ぬきの手打ちうどんづくり”をマスターしませんか。
手抜きといっても、きっちり腰があるしこしこ麺です。

材料は・・・
1)小麦粉
2)片栗粉
3)水
4)塩

予定
*朝9時、田中/阿部宅集合ー打ち合わせ
*9:30時、手ぬきうどん作り
12時、昼食(うどん)¥500または¥300+200地域通貨、アルコールは別。
14時ー16時、野焼き


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2004年度遊学の森トラストの感想




遊学の森トラスト通信31
(2004年度遊学の森トラストの感想)
田中正治

●感想


1)僕自身は、結構楽しませてもらいました。久しぶりに肉体労働というか無料スポーツジムというか。


2)稲作りで直面することを、手伝う側ではなく、やる側で、こういうことを準備しなければなんないんだ!ということをいくつも実感しました。遊びながら学んだ!という実感。


3)例えば、3月、水路作り。これは経験者の杉山さんがいて、こういうことか、という感じでした。旱魃の時は日照りで硬板(15-30cmの硬いところ)にヒビが入り、水が漏れてしまうことを近所の農家の人が教えてくれました。イノシシはサツマイモが大好き猿も大好きで大豆はまずは全部やられてしまうということ。小豆はどうやら食べられないようだ、ということ。


4)6月ー7月、田の草取りは、やっぱり2回はやらないと、稲は草に負けてしまうということ。8月以降は田んぼに入るな!という鉄則があるらしい。


5)2005年度は、硬板のヒビを直すために、田起こしをして、代掻きをしたほうがよさそうだということ。そのためには、多分、小型耕運機が必要だろうということ。ない場合は、みんなでグジャグジャと足で田んぼを踏みまわるという原始的やり方をやるか!


6)水確保は、一番悩ましいことなので、財政的に可能なら、揚水ポンプを買った方がよさそうだ、ということ。特に雨の降る梅雨が明けてからの水確保が問題。


7)6月、サツマイモは、植えてもいいが、半分はイノシシに提供するつもリが必要なこと。


8)冬野菜は、日照時間が3時間くらいなので、せいぜい、白菜、大根水菜くらい。夏野菜は、結構日当たりが良いので、色々出来そう。


9)4月ごろ、田起こししたとき、堆肥や有機肥料は入れ、土作りをしたほうがよさそう。


10)稲刈り後の脱穀は、年代物の脱穀機が見つかったので解決。しかし。もみを玄米にする(籾摺り)は、臼とキネでやるのもおもしろいが、結構手間なので、籾摺り機をどっかで貸してもらうよう、情報集めをしておく必要あり。


11)世話人会は、農作業に参加した人でやるのが現実的で、実際的と思われること。昼食前後の1時間くらい、きっちり世話人会をやったほうが良いだろうこと。


12)農作業は、午前だけでなく午後もやったほうが充実感があるようだ。


13)今年は、上の棚田(9枚ある)の利用法も何か考えて、少しずつ実行したい。


●みなさん、感想をどうぞ。

2004年度の農作業は・・・・



1)2月21日  棚田の草刈と野焼き


2)3月13日  水路作り


3)4月24日  水路とあぜの整理


4)5月15日  田の草取りと水路の整備


5)6月19日  田植え


6)8月28日  田の草取り


7)10月2日  稲刈り


8)11月23日 収穫祭


9)12月25日 脱穀と籾摺り





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

20050115151804s.jpg

2004年度会計報告

遊学の森トラスト通信30(会計報告)
田中正治

●2004年度遊学の森トラスト会計報告です(阿部文子)

*期間・・・2004年1月~12月
*収入・・・17口×¥5000=¥85000
*支出・・・
  1)種子(レンゲ、野菜など)   ・・・¥3178
  2)苗代(杉山さんより)     ・・・¥3000
  3)工賃代(草刈機修理)    ・・・¥4599
  4)キャブレター代(草刈機)  ・・・¥2000
  5)ガソリン代(草刈機)     ・・・¥1500
  6)肥料代(鶏糞、牛糞、油粕) ・・・¥1051
  7)宅配便代(収穫物配送)   ・・・¥8850
  8)振込用紙印字代       ・・・¥ 300
  *計                ・・・¥24478 

*収入¥85000-支出¥24478=残¥60522

●2005年度の会員にならない方には、1口当たり
 残¥60522÷17口=¥3507を返却いたします。
 返却分を除く残額は、2005年度遊学の森トラストにプールします。
 その使用法(例えば、揚水ポンプ購入など)については、
 2005年度会員で相談しましょう。

*ご意見、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。