遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

遊学の森 レポート(2005年4月16日-17日)

PICT0072s.jpg
16日。田中さん、森田さん夫妻、蛭田さん、根本さん、関本さん、内山さんで、まずは昼食となるパン作り。冒頭にクロがパン用のバターをぺロリ!!
PICT0072s.jpgPICT0072s.jpg
強力粉にドライイースト、塩を混ぜ、ぬるま湯を加えながら玉にしていく。それを台の上で感触を遊びながら、気持ちを込めてよーく捏ねます。黒砂糖とレーズンを入れ、30分ほど寝かせる。タネを分けて形作り、また30分寝かせる。いよいよ大きな鉄鍋で焼きます。
PICT0089s.jpg
田中さんの教えてくれたパンはレシピも紙に箇条書きの、つべこべ言わないパンです。気負いせずに、家にある材料と、ある道具でできる、フライパン料理のひとつ、のようでした。黒こげは愛嬌で、無理のない甘みの、腹にずんと溜まるパン、焼きたてがおいしい。
PICT0095s.jpg
田んぼの草取りに。鍬で草を起こして、また根付かぬように長靴で踏みつけます。土の微熱と肥料の匂いが立ちこめ、時おり、青蛙がこんにちわ。腰を屈め、鍬を振り上げ、振り上げ。その傍らで、関本さんの宮澤賢治の歌が聞えます。働くということに歌は必要で、鼓舞します。
それから、春の山を散策しながら、セリ、野蕗、すぎな、蓬を拾い集めました。晩げの支度にです。
PICT0109s.jpg
蛭田さんが教えてくれた酵母作りも、パン同様、背伸びしません。煮沸した瓶にさっき採ってきた蓬を入れ、山のきれいな水、はちみつを入れて蓋をする。空気中では見えない、だけど確実にいる微生物の働きにあとは任せます。その寛容さが偉大です。
田中さんがあらかじめ用意していてくれた天恵緑什もごちそうになりました。バケツに蓬と黒砂糖を入れて、上から重しをするだけ、水もいらないそうです。薬膳酒のようで美味。
PICT0120s.jpg
薄力粉で今度はセリ餃子を。まるく、平たく延ばすのが難しく、巨大に。森田さんが持ってきてくれた鰯と摘んできた野草を阿部さんがお座敷天ぷらしてくれ、旬を食べました。

翌日は、わたしたち東京からの5名も安房マネー・鴨川の交流会に参加させてもらいました。20名ほどが集まり、ぴかぴかの天気の下、茣蓙を敷いての1品持ち寄りパーティ。蕗の煮物、コロッケ、ちらし寿司、採れた野菜などなど。即売のたけのこ、重曹洗剤、古着やテルミー治療もありました。安房マネーはもうじき100名の会員ということで、年齢や職業の振幅が大きいほど、いろいろな形で地域通貨がまわっているように思いました。海あり山ありの鴨川にからだを根ざし、自分のやりたいことを尊重しながら、過不足を助け合う。お金に消耗されない、生活の姿勢があるように思いました。今回は、なんとわたしたち5名も安房マネーの会員にしてもらい、500awaで楽しませてもらいました。
PICT0177s.jpg
米や野菜を作っている人に堂々とした佇まいを感じます。自分の手で何よりの暮らしをしているからでしょうか。都会では土がない。でも、できることはあって、例えばうどんを作る、酵母を育てる、パンを作る、そういう小さいうれしい手ごたえが毎日の自信に積もっていく。親に習わなかったではなく、いいなと思うことを描いてやってみる。田中さん、阿部さんの暮らしから、遊学の森からそのヒントをもらっています。
PICT0177s.jpg

(村上)


AKOs.jpg

安房マネー交流会で自作の「神しばい」をしてくれたAKOちゃん。(手前)
スポンサーサイト

遊学の森トラスト通信36「揚水ポンプ」2005年4月19日

PICT0092s.jpg

遊学の森の田んぼの水ですが、梅雨が明けるまでは、それなりに水があると思いますが、梅雨明け(7月20日ごろ)以降、雨が降らず悩まされると思います。
そこで、16日の遊学の森の農作業の時の相談で、”じゃあ揚水ポンプを買おうか”ということになりました。

1)会員の森田さんの情報-1-

・ホンダ系揚水ポンプー¥25800(新品・送料込み) ホース別、ガソリン使用、(定価:¥55650)
・口径1インチ(2.5cm)
・1分間→130リットル揚水
・全揚程→35m
・ホームセンターで購入可 
・アフターケア有り→ホンダ系自動車、バイク、農機具の販売店にて

2)会員の森田さんの情報-2-

・ホンダ系揚水ポンプ・WB30XT
・¥39450(送料込み) 定価¥93450
・1分間に1000リトル揚水
・口径→3インチ
・重い

3)会員の友岡さんの情報
・揚水ポンプ→無料で入手できるかも?
・電動なので発電機が必要→中古を探してみる。

●5月21日農作業の知己に決定しても遅くないと思います。

*なお、森田さんの情報ー3-耕運機・FG201
・¥55500
・1.5PS
・17kg

●ご意見寄せてください。
PICT0095s.jpg



4月16日に、遊学の森でつくったレーズン・パンのレシピをメモしました。ご参考までに。

@@@@@@@@@@@@@@@@@

レーズン・パンのレシピ

★材料

1)強力粉     500g
2)ドライイースト  10g
3)塩          5g
4)ぬるま湯    290g
5)薄力粉      10g
6)黒砂糖      30g
7)レーズン    100g
8)バター      少々

★作り方
1)強力粉     500g
2)ドライイースト  10g
3)塩          5g  →ボールにいれ混ぜる→ぬるま湯を少しづついれ、こねる
4)こねたら→黒砂糖とレーズンをいれ→こねる
5)第一次発酵→30度、30分
6)16個に分ける→軽くまるめる
7)第二次発酵→30度、30分
8)焼く→バターも粉も敷かない。中火、15分くらい。

遊学の森トラスト通信35(2005年4月10日)


PICT0005s.jpg
PICT0005s.jpg
PICT0005s.jpg
・近所の畑の近くに、じゃがいもが捨ててあったので、これはもっけの幸いと、拾ってきて遊学の森の田んぼの比較的乾いているところに、種芋として植えつけてみました。5棟ほど。猿もイノシシもジャガイモが大好物という話は聴いたことがないので、”大丈夫”ということで一応安心しています。

PICT0005s.jpg
PICT0005s.jpg
PICT0005s.jpg
・棚田の”田起こし(耕すこと)”は、毎日1時間ほど僕と阿部さんでやっていますが、なかなか、ぼちぼちです。5月の代掻き(田の表面をどろどろにする)なのでそれまでにやればいいか。4月16日の農作業の時には、雨靴を持参ください。よろしく。

”田起こし”のための鍬を3本、遊学の森で買いました。¥1200×3=¥3600でした。事後承認になりますが、ご了解ください。よろしく。

・昨日、”よもぎ”をたくさんつんできたので、これから”天恵緑汁”を仕込みます。

(田中正治)

●次回イベント

・4月16日(土)朝9時集合。田中/阿部宅
・9時~12時・・・自家製パンづくり。
・12時・・・昼食(手づくりパン+惣菜)・・・¥500
・13時・・・田起こし+よもぎつみ。雨靴持参。
・16時・・・天恵緑汁作り(よもぎ+黒砂糖)→皆さん、自宅で作ってみては?
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/3219/n3tenk.html
http://www4.ocn.ne.jp/~kuri-mai/nouhou.html

★17日(日)は安房マネーの交流会です。

1)4月17日(日)11:00am-4:00pm
2)場所:田中/阿部宅(鴨川市平塚2502)電話 04-7098-0350
  道順:当ページの●交通アクセスをクリック
3)昼食:一品持ち寄り。マイ・カップ持参よろしく。
4)参加費:500awa(お茶、お菓子付)
5)自己紹介、VTR1本、ミュージック(友人のアマチュア・ミュージッシャンOK)・・・彼のメッセージがおもしろいので。  会員のアイディア、飛び入り出演歓迎。
6)呼びかけ対象:一応鴨川地域(一応・・・)。
7)呼びかけ人:田中正治/阿部文子

PICT0005s.jpg







【“遊学の森トラスト通信35(2005年4月10日)”の続きを読む】