遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

遊学の森レポート(2005年8月20日21日)

田中さんち

20日
6時半、5反田の駅に、ねむねむの眼をこすり、集合
集まった人(きよきよ、じゅんちゃん、太平、ひよ)

きよきよの運転で、9時すぎ田中・あべ邸到着。
家の前には、野菜やらハーブやら草やらが、わさわさと生え、いい感じ。
家は、すかっと風がとおり、氣持ちよい。
根本桂さんは、すでに来てて、参加者は計5名。

すきとおった、赤紫色のきれいなのみもの、赤紫そジュースを頂く!!おいしい!!
ジュースを飲みながら、スケジュールをきく。

 → 赤しそジュースづくり → 草刈り → 昼ごはん → 海水浴

いそいそと、赤紫そジュースづくりがはじまりましたよ。
しそジュースづくり

<つくり方は>
 ①おなべに、お湯をわかす。
 ②しその葉っぱをぶちぶちちぎり、さっと洗ってお湯の中へ入れる
 ③あっという間に、色素が抜けて、お湯の色が濃いこい、赤むらさき色にかわる
 ④色の抜けたはっぱをとりだす(青じそ色)
 ⑤冷ます
 ⑥冷めたらお酢を入れる(一氣にきれいな色に変わります)
  そして甘味料であまみをつけます
 ※ 色素の抜けた赤じそは、青じそ色になります。
   夕食のときに、あべさんがザクザク切ってきゅうりとあえてくれました。
   とっても美味しかったですよ。

さて、草刈りへLet's go!!
長ぐつはいて、それぞれの草刈りルックになり、愛犬くろさんと共に、畑へ行きます。
自然農で草ぼうぼうの田んぼ&畑へ到着。
遊学の田んぼ

お米が実っている。よその田んぼに比べれば、稲穂はひん弱やけど、自然農2年目で、これだけ実ってるのってすごいんちゃうん?とか思う。
遊学田の稲穂

奥の方にある畑(?)の草刈りをする。
(立ったまま。腰をぐっといれて。かま片手に草の根元にむかって、勢いよく、かまを、ガツガツと振りおとしてゆくのです。)
草刈り!

草ぼうぼうの中、実っていたかわいいトマトを4個ほど収穫して家路へ。
私は、行き帰り、くろさんと一緒。くろさんはとっても頭がよくって、やさしい。


帰宅すると、あべさんの美味しいお昼ごはんが待っていた。
夏やさいに色どられた食たくはとてもキレイ!!

Menu

 冷やしそうめん(梅ぼしをつゆの中にといてのばして頂く)
 車フとこんにゃくのたいたもの
 夏やさいのサラダ
 おみそ汁
 つるむらさきのおひたし

梅ぼしは、あべさんが木でちゃんと熟してから落っこちたものを、つけはったもの。中がね、あんず色してておいしいのよ。とっても。

食後のお茶のときに、3段重の中に、ぎっしりと、いろんな駄菓子が詰まっていたのも素敵やった。


午後は、やったー☆ 海水浴。
鴨川で海水浴

バンブートーンの母君と天理ちゃんの案内で海岸へ☆
やっほーぃ!!久しぶりの海。
ぷか ぷか ぷか ぷか 海水につかっていい氣分。
足がつかんところでは泳げん私は、うきわに始終お世話んなりながら、ぷか ぷか ぷか。
海って、きもちいいわぁ。あぁうれし!!


晩ごはんの時間です。
あべさん特製ちらしずし。 あー、おいしい。
(田中さん、毎日おいしーごはんたべれていいね☆)

そのあとは、かとり線香の香る中、おしゃべりtime。
みなさま、いろいろ物色りで、話題にはつきず、夜は長くつづくのです。(しかし、田中さん、もの知りやね…すごい)

タナカ&アベさんと桂さんの関係がおもしろかった。
2人が、パソコンの操作にゆきづまったら。 まるで専属のパソコン先生のような根本さんのケータイがプルプル鳴るのだそうです。
そして、解決の日々。 しかし、あまりにも、解読するのに時間を要する質問が多いため、今では、遠くからでも、タナカ&アベさんのパソコンに、けいさんが入り込める操作がなされているそうで、問題解決にスピーディーさが加わったそうです。 そこには、とてつもなく力強い、信頼関係があるようにおもい、うれしくなりました。

私は私で、パソコン操作にはかなりオロオロする人で、おなじくオロオロする人を見ると、妙に親近感がわいてしまうのですが、今回も、もれなく親近感がわきました。


そして そして、 満月がぐっと高くなり
青白く、美しい光を放っている頃 私ら4人は庭に出てプチ満月会。

庭にござをバサッとひろげ、ちょっぴり瞑想する。
ひとりひとりが好きな形で座ります。時間も自由!!
スッとグッと深い、いい時間。
それぞれがUFOを見たとか足おとをきいたとか…
オイオイ… 満月の夜のマカフシギ。

そのあとやった。あそびがなかなかおもしろかった。
「おはなしづくり」
前の人がつくった話をこわすことなく、次につなげおはなしをつくってゆくあそび。
フシギなシカのフシギな話ができあがる。
ハッピーエンドでよかったよかった。



-21日-

朝、早起き組はクロさんと散歩。
遅組は散歩組の帰りを待ちながら遺伝子組みかえとかのVTRをみる。

こわいわぁ~。
知らへんうち、いや氣付かないうちに、ひたひたと拡がっている。
ほんとなら、世の中に自然に存在しないたべものが、じわじわと拡がっているんやもん。 ほんまこわい。

いぼのないきゅうりがつくられててね、それはどこへゆくのかといえば、サンドイッチ工場へゆくのです。洗うのが楽という理由で使われる。
熱湯の中(きっと消毒薬とか入ってるにちがいない)に、ザバッとつけられて、わぎりにされて、サンドイッチの具にされていた。

こわいわぁ~。 たべてる人ってそんなん知らんやんなぁ…

それとか、あっまーいトマトをつくることに、めっちゃ力をそそいでいる人たちとかうつっていた…


いぼのないきゅうりがいいとか、トマトは甘い方がよいとか種のない果物がよいとか。 そーゆう「よい」基準はどういう風に決められるんだろ?

私は、太陽の匂いのするような青くさいトマトとか、種のぼろぼろあるすいかとか。 すっぱーーい、はっさくとか。そうゆうのが、とっても、好きなんですけど?


ま、とにかく、それも時代の流れの一部とゆうならば、その流れに、のみ込まれずに、じっくりと今を感じながら身体まるごとの細胞をつかってちゃんと生きてゆきたいな。


そうこうしているうちに、9時に…
ご近所の杉山さんが、稲刈りにさそってくれていて、その約束の時間が9時なのです!!
あわてて、出発!
稲刈り→木影でLunch time→海水浴
と、その日もいろんな楽しみを満きつする。
杉山さんちの稲刈り
小さな忍者
再び海水浴

番屋の温泉につかり、10時半頃?帰京。
>きよきよさん
運転ありがとう。(3人とも爆睡してごめんな)


そんなこんなで楽しく過ごした遊学の森。
たなかさん、あべさん、素敵な時間をありがとう。

お2人の生活の場にふれられたのも素敵でした。
2人のことがもっと好きになりましたよ。

                ひよ
海遊びで疲れた…
スポンサーサイト

2005年度、遊学の森トラストの稲の苗代金

田中正治

稲の花

★2005年度の稲の苗は、杉山さん(会員)から購入しました。2005年度の植え付け面積は、2004年度の約2倍でしたので、¥6000をお払いしました。ご了解、お願いします。2004年度は¥3000でした。

★2006年度は、黒米(古代米)を植えたらどうかとの提案が、杉山さんからありました。これは、名案かもしれません。黒米(古代米)は、普通の米よりもミネラル分が多く、ご飯を炊く時に、普通の米に一つまみ入れるだけでよいのですから。収穫量が少なくても、結構価値があることになります。

★近所の稲は、前回の台風でほとんど倒れました。遊学の森の稲は、幸か不幸か倒れませんでした。田植えが6月中旬で、近所の農家とは1か月遅かった(皆さん5月の連休ごろ田植え)ので、穂があまり垂れていなかったせいかもしれません。
 
★阿部さんと二人で、8月20日の草刈の続きをしています。2006年度は、今年より、もう少し田植えの面積が増やせると、楽しみが増えますので。
PICT0177s.jpg