遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊学の森トラスト通信44号 ★12月24日クリスマス会・交流会+★25日安房マネーイベント

収穫祭クリスマス会
★12月24日、遊学の森収獲祭・クリスマスイブ http://blog3.fc2.com/yugakunomori/

・24日に松戸からと相模原から知人が4人と茨城大豆畑トラストの佐藤さんが来ることになりました。それで、クリスマスイブっぽく交流会・意見交流会・パーティー重視でいったらどうかなと思っております。

・でも、午前中は農作業をやりませんか。というのは、2005年度も稲の収獲時期が遅かったのとイノシシ君の大暴れでほとんど収獲なしという状況。結局は、土作りができていなかったのが最大の原因かなと反省しています。それで、24日の午前中は、田んぼに発酵鶏糞と微生物の”ぼかし”を入れてはどうでしょうか。
発酵鶏糞は、鴨川市街地のホームセンターで買えます。車が必要です。”ぼかし”は、知り合いの自然農法グループから購入できます。発酵鶏糞とぼかしを撒く作業です。5人の知人・友人も参加してもらいましょう(^^)

・午後は、松戸の知人が送ってきてくれたDVD「共生の経済が始まる」(内橋克人)を観て、感想を述べ合ったりしてみたらどうでしょう。
・夜は、クリスマスパーティー。
・拙宅に全員泊まりきれない場合は、近くの陶芸家・杉山さん宅で宿泊できます。

1)集合: 田中・阿部宅 朝9:00 電話・FAX:04-7098-0350
2)交通アクセス: http://yuugaku.gozaru.jp/access.html
3)発酵鶏糞購入+散布: 9:30-12:00
4)昼食: 12:30-13:30(¥500)
5)共生の経済と感想会: 14:00-17:00
6)風呂: 17:00-18:30
7)夕食+パーティー:18:00-21:30(¥500)ビールなど持参歓迎!

・電磁波グッズ作り:25日朝にやりましょう。
★12月25日、地域通貨・安房マネー・クリスマスイベント http://www.awa.or.jp/home/awamoney

・イベント: 映画上映、ミュージック、交換会・・・・・・
・日時: 多分午前10時~午後3時くらいまで
・場所: バンブートーン(ライブハウス・拙宅から歩いて15分、車で4分。)http://www.awa.or.jp/home/tsuru/tsuru_001.htm
スポンサーサイト

遊学の森レポート(2005年10月15日)

赤く熟れたゴーヤ

「雨模様」
鴨川に向かう10/15朝、曇り空で小雨がパラツク天気。
。。。数日前の田中さんとのtelで「週末雨なんで延期しましょう」
と相談していたところ、ある参加予定のHさんから「晴れるんちゃう!?
もぉ今週末に刈りに行こ!」と前向きな(←見習います)意見があり、
一転、雨支度して決行することに。。。
鴨川に着くと、空は曇っているが雨はまだ降ってなかった。
お茶一杯頂いてから、クロさんを連れ立っていざ遊学の森へと出発する。
稲刈り(田中さん)


「猪」
田んぼは夏に来た時とはすっかり変わってて、色はもちろん緑→
枯れ色になっていたが、何か淋しい感じ。山の森にすっぽり囲まれて、
もともと独りぼっちの隠し田っぽい雰囲気だったが、何より頭を垂れる
稲穂の数が大分少なかった。みんなで稲刈り2

田んぼに踏み入ってみると、猪にすっかり蹂躙されている様だった。
そこかしこに蹄の跡や走り抜けたけもの道が見て取れた。
刈り取りが遅めな分、猪もたっぷりと無農薬の新米を味わったんじゃないか。

「一本一本を」
さっそく総勢6名と1匹で取り掛かる刈り取り、すぐに終わると思ったが、
意外にこれが難しい!鎌もって根本をザックリと行きたいが、
稗や雑草が稲より伸びていて、稲を見つけ出すのが難しく、
根元なんかもうわかりにくい。稲やら稗やら5,6本わっと生えてる所から
一本一本抜き出して刈っていたが、そのうち手で”折り”ながら集めていった。みんなで稲刈り

それは落ち穂拾いのようで、とても丁寧な空気が田んぼに流れ始めた。
一粒一粒の単位でする作業はとても”食”に近い営みのように感じられた。
また細い茎の先にお米を実らせ、その重みで田んぼに倒れ伏している姿に
凄みを感じた。スッと立ち上がって稲穂を垂れてる姿が稲にとっては完成では
なく、稲作という人間の目線からで、あくまで通過点という感じに見えた。
止まらない時間の中で倒れ伏した稲は黙々と次の生へと移ろうとしていた。
大切に集めた稲たちはガレージに持ち帰り、わらで縛って軒下に吊るした。
一息ついた頃、静々と雨が降り出していた。
刈り取った稲2


「箸を置く」
遊学の森の楽しみの一つに阿部さんのごはんがある。初めて頂いた時の
あの”ほっ”とする感じ。安心感。さて、今回は。。。
赤が鮮やかな芋茎の酢の物、車麩・蒟蒻・里芋の煮物、小豆のもっちりご飯、
みんなで丸めた玄米おはぎ。あとそれに田中さんのパパッと韮のみそ汁。
庭にほっといても増えるのを採ってきて、刻んだのをサッと鍋に入れただけ。
お汁の湯気と一緒に韮の香りが立って、さっぱり味でこれがいける。なんだか
胃腸も楽になるような気がした。おはぎ

今回は田中さんからいいものをもう一つ頂いた。それはごはんを口に運んだら
”箸を置く”という習慣。田中さんが厳格な玄米菜食で養生していた時に、
玄米をとことん、形がなくなるまで噛んでいた経験からで、箸を置くと次の
おかずにすぐに飛びつかない。自然と噛む回数が増える。唾液がよく出て
消化も助かる。免疫細胞もとっても活性化する。脳も活性化。良い事ずくめ。
お金をかけずに時間をちょっとかけてできる毎日の健康法。習慣づけたいな。
おはぎ作り


「おわりに」
今回の遊学の森での稲刈りは、お椀に盛られるごはん粒がイメージされる
ようで印象深かった。そんな機会を用意してくれた田中さん・阿部さんに感謝。
夜はヨモギ風呂を用意して下さって、すご~くほぐれてホカホカのまま
布団に滑り込めました。(布団まで敷いていただいて恐縮です^-^;)
夜に鑑賞したビデオが面白く(特に「星空の冷蔵庫」!)、あっという間に
鴨川の夜は過ぎていったけど、田中さんが紹介する予定だった、簡単にできる
「電磁波防護グッズ」が気になったまま。ぜひ次回に見せて下さい。
家には散歩の途中でもらった黒米の穂と掛け干しのときに編んだしめ縄を
おみやげに飾ってていい感じになってます。
また収穫祭におじゃましま~す。でわでわ(^ ^)/~

Taihei
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。