遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

遊学の森トラスト通信48号・5月6日(土)次回イベントのご案内

田中正治

田んぼ200604

こんにちは

★桜が散り、新緑の季節になりました。山は、白緑、薄緑、黄緑、緑、青緑、黒緑のアンサンブル模様で、気の早い農家は、田植えを始めています。今、田植えをすると、8月には稲刈りになります。そうすると、1俵(60kg)あたり、¥2000高くJAに売れるらしいのです。昔は6月に田植えをしていたとのことですが、2ヶ月近く田植えが早くなっているのですね。稲の生理がそれほど変わったわけではないでしょうにね。
遊学の森の田植えは6月3日(土)です。

★先日の集中豪雨で側溝が決壊したのですが、それは補修しました。また、水口が決壊しそうだったのも一応補修しましたが、もう一度集中豪雨が来ると、心もとないので、水口の補修をしっかりやっておかないといけないかと思っています。(5月6日)

★第二回目の田起こし(ロータリーを使って)と堆肥入れは、5月末に、アワマネーの林さん、小田さんと田中・阿部でやる予定です。

★次回農作業
★日時:2006年5月6日(土)
1)集合:田中・阿部宅 朝9:00 電話・FAX:04-7098-0350
田中メール
2)交通アクセス:アクセス GoogleMAP
3)水口の補修と田起こしの準備(9:30-11:00)
4)玄米おはぎ作り:(11:30-12:30)
5)昼食(玄米おはぎ含む):12:30-13:30(¥500)
6)水口の補修と田起こしの準備:14:00-16:00


長靴を持っている人は、持参をお願いします。

前日・5日からの宿泊も可です。6日の宿泊も可です。
スポンサーサイト

ちょっと緊急事態(遊学の森)

田中正治です

・4月10-11日、房総半島を襲った集中豪雨は、遊学の森の棚田の側溝を決壊させ、棚田に土砂がかなり入り込みました。
写真1

・その後、決壊した側溝を応急修理しました。(写真2:デジカメを側溝に落としたため写真無し…根本)

・でも、集中豪雨の数日前に、水口のあぜを補修しておきましたので、大決壊を免れラッキーでした。
写真3

・15日に根本さん、松村さんと田中で、あぜを守るために、あぜシートを張りました。
写真4

・さらに、水口の補修のための準備として、鉄棒と杭を何本か打ち込んでみました。これは時間を見つけておいおいと、土嚢を100袋ほど入れて補修をするための準備です。
写真5

・側溝が決壊し、土砂で覆われてしまった棚田の分を、埋め合わせるために、奥の方の休耕地を5月末に、林さんと一緒にロータリーで田越しする予定です。
写真6

今日、林さんと会って、ロータリーを借りる了解をもらってきました。

・それはそうと、懇意にしている近所の農家と話していたら、遊学の森の棚田は、数年間放棄地になっていて、草にほとんど栄養をとられてしまっているので、肥料をもっと補給しないとイネは育たないよといわれました。その人は、遊学の森の棚田の横の田んぼの所有者なので、遊学の森の棚田の経過や土質をよく知っていました。したがって、後、300kgくらい鶏糞堆肥と牛糞堆肥を入れた方がよいのではないかと指摘されました。ここは、プロの助言に従ってみるべきかな、と思っています。5月末にロータリーで田越しする時に、堆肥を入れるつもりです。

・ご意見、質問がありましたら、お知らせください。よろしく。

大森愛ちゃんと怜ちゃん(16歳)

田中正治です
大森愛ちゃんと怜ちゃん4

4月7日に、アース農場の大森愛ちゃんと怜ちゃん(16歳)が鴨川に来ました。愛ちゃん、怜ちゃんの親父とは、学生時代からの仲間で、2005年にはアース農場を訪問したご縁で、来てくれたのでした。
大森愛ちゃんと怜ちゃん3

フジTV系の番組「われら百姓家族」は、結構人気番組のようで、もう5回放映されています。
親父は、子供達に山里で自給百姓をしてもらいたいと念願していて、長男の健太君と次男のゲン君はしっかり自給生活を歩んでいるのですが、三男のユキト君は演劇・俳優志望(今はちょっと挫折して山里で生活していますが)。娘達3人も広い世界に出たいようで思春期の悩みの時期に入っている様子。
大森愛ちゃんと怜ちゃん1

訪問してくれた愛ちゃんと怜ちゃんは、人間をなかなかよく見ているのに関心しました。年間アース農場には、約500名くらいの人が出入りするとのこと、引きこもりの人とかニートっぽい人が結構多いようで人を見る目もきたえられるのでしょう。クロはほえることもなくなついていました。
大森愛ちゃんと怜ちゃん2

家族が書いた本です。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9980231270
「自給自足の山里から」




遊学の森トラスト通信49号

田中正治

田起こし3★今日3月31日、第一回田起こしを終えたところです。去年は鍬(くわ)で2ヶ月かかった第一次田起こしが、2時間で終わりました。ロータリー(田起こし機)を林さんと小田さんが軽トラックで運んでくれ、そこにAKOちゃんも加勢してくれました。

★まず昨日やったクロ(あぜ)切りのところに、柔らかくなった粘土を貼り付け、水が漏れないようにしました。昨日、ポンプであげた水も多分半分くらい漏れていたのですが、クロぬりをするとほぼ止まったようで、ほっと一息。

小田さんは3年ほど前に鴨川に移住してきた30歳台の成年で、土地を購入して、そこに家を建て夫婦で住んでいます。彼は稲作が大好きなようで、実に詳しいのです。二人で、あぜにあいている穴を粘土でふさいだのが結構功を奏したようでした。彼は地域通貨・安房マネーの世話人です。

林さんもアワマネーの世話人で、代表をしています。安房マネーの言いだしっぺなのです。5-6年前、東南アジア、インド大陸、アフリカ大陸、ヨーロッパと世界放浪の旅に出て、4年前、住み着いたのが鴨川の古民家。現在、イラストレーターの仕事をしながら、自分の子供のためにも、小学校1年生を対象にしたシュタイナー教室を計画中で、元牛小屋を民宿に改造中です。30歳代後半かな?以前、バイク野郎だったとのことで、メカには強いので助かります。彼と二人でロータリー田起こしをしました。お礼は、4月26日の「ごみ・さろん」の集まりの時にお払いすることになりました。

AKOちゃんは、”モモにあこがれた関西弁のダジャレ紙芝居お兄さん”。別名”放浪の聖人”(僕がかってに言っているんですが)。何の連絡もなかったのですが、林さんたちとの約束の時間の5分前に拙宅に突然現れ、”農作業手伝いましょか?”(関西弁)といったのです。昼食を共にして、いつものように”聖人的放浪記”を聞かせてもらったのでした。

★それはそうと、昨日から、揚水ポンプを合計約7時間ほど使いましたので、結構ガソリンを消費しました。昨年買ったガソリン容器は多分半分以下になったと思います。エンジンに付属しているガソリンタンクは、1時間ほどでなくなりますので、その都度ガソリンを補給しながら、揚水することになります。おかげで、操作方法は何とか覚えました。

★2006年度、遊学の森トラスト会員登録未だの方、よろしく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006年度「遊学の森トラスト」会員募集しています。
遊びながらいろんなことを学んでしまう、トラストを楽しみませんか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すずらん2
●鴨川の平塚地域に、1反(300坪)の棚田と、その上に林になっている棚田8枚(1反300坪)があります。皆でその棚田をトラスト(信託・お金を出し合う)で活用という話が進んでいます。

●そこで稲、野菜、を栽培しようとか、林を利用して、何か出来ないかとか、池を作ってフナを育てようとか、夏に林の中でヨガを出来るように出来たらいいねとか、まあ、色々な想いが出されています。

●トラスト会費は、1口(1家族)=¥5000/年です。会員で田植えしたり、草取りしたり、稲刈りしたりして棚田で稲を育て、収穫したお米は、豊作、不作に関わりなく、会員で平等に分けます。
お問い合わせ先は、電話/FAX番号は、04ー7098-0350(田中)

●会員応募の方は、2006年度年会費:¥5000を郵便局の振り替え口座に振り込んでください。
1)口座名:  遊学の森トラスト
2)口座番号: 00130-2-315185

●田中宅への地図は、遊学の森ホームページのアクセスをクリックしてください。http://yuugaku.gozaru.jp/access.html(交通アクセス))
http://yugakunomori.blog3.fc2.com/(遊学の森ホームページ)

●「遊学の森トラスト」の約束ごと
2004年1月

1)テーマは、”里山空間を楽しみ、つくる”です。
2)棚田約300坪と林(約300坪)をトラスト(信託)します。
3)トラストは、1口・¥5000/年×20家族会員=¥100,000/年
4)¥100,000は、もみ代、農機具代、通信費、材料費、運営費などに使用します。
5)収穫されたお米は、会員が平等に分配します。
6)棚田は、”不耕起栽培”などです。
7)林は、昆虫、水生動物、生態系の観察、蛍、かぶと虫の成育、池作り、魚を育てるなど子供が体験できるようにします。その他色々活用できます。
8)このグループの名前は、”遊学の森トラスト”と呼びます。
9)世話人会を中心に運営します。
10)世話人会は、自薦、他薦で自由参加OKです。
11)年一回会計報告をします。
12)代表者は、田中正治です。
13)事務所は、千葉県鴨川市平塚字大沢2502(田中/阿部宅)に置きます。
14)電話/FAX番号は、04ー7098-0350(田中/阿部)です。