遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

EN祭り・サーフライダー・六ヶ所

EN祭り・サーフライダー・六ヶ所
田中正治

加藤登紀子の次女・歌手のYaeがコーディネターのEN(縁)祭りが、
鴨川の自然王国で開催された。
400人くらいが参加して、めっちゃ盛り上がりました。
http://www.yaenet.com/
http://www.k-sizenohkoku.com/

鴨川周辺から、団塊ジュニアーの若者移住者はしっかりブースを出して、エコビジネス。

アフリカ・ギニアの太鼓・ジャンベとダンスは、ど迫力。
アボリジニーのディジェリドゥーか
モンゴルの馬頭琴かギニアの太鼓かという感じで、
土の臭いガンガンでした。
日本人の若いダンサーもめっちゃ楽しんでいて、
日本社会のうっとおしいストレスをスカッと吹っ飛ばす感じ。
http://www.h5.dion.ne.jp/~respect/

夜もふけたころ、Yaeが六ヶ所核燃料廃棄物処理場のSTOPで
動き出しているサーファーを招いた事は意外な驚きでした。
ハワイのBIG WAVEの美しい映像を背景に
海をも強烈に汚染しまくる六ヶ所核燃料廃棄物処理場の危険性を静かに語る
サーファー・佐藤伝次郎氏の言葉は、海と人間とを宇宙に一体化させるWAVEの
快感を味わったもののみが語れる核に対するNO!の青い叫びのように感じられました。
http://www.mo-hawaii.com/~shingo/umi/life/37/main2.html
http://www.rokkasho-rhapsody.com/

「80年代からつづいていた ハワイ・ノースの 大林組ゴルフ場問題がついに、
完全決着しました。 6月27日に売買契約が成立したそうです。
誰も信じないでしょうが、サーファーたちがリーダーになって、土地を買ったのです。
オアフ島最大規模の 土地トラストです。」(上田真寿夫)
という情報が入ってきました。トラストの本来の意味が実行されてうれしい。
サーファーってすごいですね。東京で大林組とNSCLTとの直接交渉をアレンジしたのは、
鴨川在住サーフライダーファウンデーション創設者・上田真寿夫さんでした。
昨日彼に会って、田んぼのイノシシ対策用電気柵作りの作業を一緒にやったのに、
このことひとことも話さなかったな~。

英語発表はこちらです。
http://www.globalsurfnews.com/news.asp?Id_news=28747

日本語詳細情報は 現在、コンビニの棚に並んでいる surf1st の最後の方、
ジェリ-ロペスのコラムの前に 全文翻訳が載っています。
PICT0078.jpg

PICT0080.jpg

PICT0087.jpg

PICT0089.jpg

PICT0109.jpg

PICT0115.jpg

PICT0116.jpg

PICT0123.jpg

PICT0124.jpg

スポンサーサイト

イノシシ対策電気柵作り・その①

イノシシ対策電気柵作り・その①
田中正治

8月29日朝、強烈な真夏の日差しの中、上田真寿夫さんが再度、棚田のの草刈。
くたくたになって拙宅に帰ってきました。
PICT0139.jpg

PICT0141.jpg

EN祭りに参加し、拙宅に泊まった太平君やヒヨちゃんたち、
高橋慶子さん達と一緒に昼食をした後、
午後から、上田さんとイノシシ対策の電気柵作りに取り掛かりました。

電気柵の支柱・太い杭を打ち込んだ後、緑色の細い支柱を2m間隔で刺していきます。
稲の花

PICT0142.jpg

電線を支える部品が不足していることがわかり、それを注文してから、
続けて、電気柵作りを続行しようということになりました。
明日、会社・サージミヤワキに電話して
部品を取り寄せることにします。
http://www.b-info.jp/surge-m/index.cfm(③と⑧)

近所の農家・安田さんと山の井さんも様子を見にきてくれました。
そのでわかったことは、
現在、いっせいに穂が出ている状態から考えると、
どうやら稲刈りは、9月1日ー2日が適期だろうということです。
従って、当初9月29-30日稲刈りを
予定していたのですが、9月1-2日変更と提案します。

9月1-2日が稲刈りだとすると、8月の一ヶ月の間、
電気柵の下草刈りを1週間に1回やればいいということになります。
下草が伸びて電線に触れると、草にアースしてしまい、
イノシシが電線に触れてもビリ!とこないからです。
PICT0145.jpg

稲の花が咲きだしました

稲の花が咲きだしました
田中正治
PICT0045.jpg

・今朝、田の草取りに行ったら、稲の花が咲きだしていました!
 これから多分2週間くらいで田んぼ一面に花が咲き、
 艶めかしい臭いが一面に漂うでしょう。
PICT0051.jpg

・花が咲けば受粉が始まります。京都の兄貴が教えてくれたのですが、
 晴れた風のない穏やかな朝8時から10時の間に、
 おしべはめしべに受粉するそうです。
 朝露がぽろっと落ちるのにに乗って、
 おしべはめしべのところに行くのだそうです。
 考えているんですね、キット。

・コナギの大群は取って土手に投げ捨てましたので、
 田んぼの中はかなりすっきりしています。
 でも、小さなコナギがあっという間に大きくなりますので、
 ここ数日の間に最後の草取りをやるつもりです。
 稲の花を傷つけない間に。
PICT0048.jpg

・苗は人間で言えば20歳くらいなのでしょうか、
 触れば手が切れそうなくらい頑丈に成長しています。

rappasuisen

「うわぁ~こりゃすごい!雑草取り」

「うわぁ~こりゃすごい!雑草取り」

青山あき


GWに田植えをしてから、約2ヶ月。
今回は雑草とりと、イノシシ対策として電柵を取り付けるということで、
再び鴨川へやって来ました。
しかし、強い勢力を保ったままの台風がちょうど関東に差しかる時期と重なってしまい、
早稲田から鴨川への道中、車体を何度も強風にあおられ、
「これじゃあ電柵を取り付けるのは無理そうだね。」
などと言いながら向かったのでした。

田中さん・阿部さん宅にお世話になるのは今回で二度目なのですが、
ついつい「ただいま」と言ってしまいそうなほど、
お二人とも自然に温かく迎え入れてくれます。
そんなお二人に惹かれて、2ヶ月ぶりに「帰って」来たわけでもあります。

到着後、どくだみの温かいお茶を頂き、雨音とカエルの鳴き声を子守唄に
ゆったりとした気持ちで眠りにつきました。

翌朝、雨はけっこう降っているものの風はそれほどでもなかったので、
まずは雑草とりをすることに。
田んぼへ行く前に田中さんが、
「今日はひとり一列ずつにしましょう。」
と言いましたが、私は
「もっとできるかも。」
などと、少しのん気に構えていました。
しかし、いざ田んぼへ行ってみると、2ヶ月ぶりに見る稲の成長に感動したのも束の間、
辺り一面に群生している雑草に、しばし呆然。
「うわぁ~こりゃすごい!」と心の中で叫びつつ、雨合羽の裾をまくり上げ、
ゆっくりと田んぼの中に足を踏み入れました。

そう、そう、この感覚。久しぶりに体感する、
この何とも言えない感覚がとても気持ち良いんですよね。


植えた時の数倍に成長した稲、その根っこにガッシリと絡まる雑草、
その葉に生まれた証を残しているかのような昆虫の抜け殻、
まだシッポ(?)が残っている小さなカエル。2ヶ月前の田植えの時に
たくさん見かけたオタマジャクシのうちの一匹なのかもしれません。
写真①

一時間ほど雑草とりをし、雨に濡れて少し肌寒さを感じつつ家へ戻ると、
阿部さんが暖かいお風呂を用意して待っていてくれました。
さらに、居間には自然の恵みいっぱいのお昼ご飯が並べられていました。

お腹が満たされ身体が温まってくると何だか眠くなってしまい、
ほんの少しだけ、と横になりました。
ほんの少しだけ・・・。気がつくと18時でした。ごめんなさい。


ここに居ると雑音を感じません。
雨音やカエルの鳴き声、草木が風に揺れる音、水の流れる音、人間や動物の動く音、
全ての音が心地よいリズムとなってカラダに溶け込み、スーッと深い眠りに誘われます。

夜になると一段と雨が強くなりましたが、杉山さんと杉山さん宅に滞在中の
アメリカの大学生ピーターが、イワシを調理して持ってきてくれ、
皆で楽しい夕食となりました。
写真②

翌朝、目が覚めると雨風はさらに強まっており、本格的に台風が接近しているようでした。
電柵の取り付けはおろか、雑草とりもできそうにありません。
そこで、田中さんが<黒糖ういろう>と<シソの葉ジュース>の
作り方を教えてくれる事になりました。
どちらも短時間で作ることができ、夏のおやつにピッタリの優しい味でした。
写真③

写真④

美味しいおやつを頂き、台風の影響を受けないうちにと、お昼前に鴨川をあとにしました。


今回、田中さん・阿部さん宅にお世話になっている間、
いろんな方がお二人を訪ねてこられました。
同じように「農」と向き合って生活している方たちでした。
その方たちからも、やはり、田中さんや阿部さんと同様に、
人としての豊かさ、温かさが感じられ、多くのことを学びました。
それから、ほんの一瞬でしたが、クロちゃんの娘のネネちゃんにも会うことができました。
写真⑤

田中さん、阿部さん、この3日間とてもお世話になりました。
ありがとうございました。
また、悪天候の中、往復車の運転をしてくれた根本さん、
「食」の奥深さに改めて気づくきっかけを与えてくれたひかりさん、
ありがとうございました。

(2007.07.14-15)

7月14~15日、田んぼの様子

田んぼの様子
田中正治

PICT0001.jpg

阿部さんと二人で、この一週間連日朝2時間田の草取りをやり、
強力な水草・”コナギ”の90%を取って田んぼの外に出しました。
大分すっきりしました。
PICT0003.jpg

自宅から200m離れたところに携帯電話の中継鉄塔(ソフトバンク)が建ち
現在、撤去の交渉を始めていますが、とりあえず、朝、
田の草取りをすると夜の間に体にたまった?
電磁波が田んぼにアースするせいか、体が楽になるようなのです。

実は阿部さんにも電磁波障害と思われる症状が色々出ていて、
かなりきつくなっています。
というわけで、田の草取りは治療法として欠かさずやっている
という感じなのです。
PICT0005.jpg

7月14-15日では、雨のため、イノシシ対策電気柵は張れませんでしたので、
7月29日(日)に、上田真寿夫さんと電気柵を張る予定を立てています。
その前にお天気を見て草を焼きます。そうしないと、
ミミズが繁殖し、イノシシがそれを食べに来るのです。

苗は元気で、触れば手が切れるように立派に育っています。
ぶかぶか苗もところどころあるのですが、
どうやらそれは、イネミズゾームシが根っこを食べたせいではなく、
土にメタンガスが多かった所為ではないかと推測しています。

苗の分結(茎が増えること)は、この10日間の雨降りで
停まっているようですがそれでも少ないところで、5本、
多いところで20本くらいになっています。
まず順調かなという感じです。
PICT0006.jpg

7月14日ー15日、田の草取りとイノシシの電気柵作りです

7月14日ー15日、田の草取りとイノシシの電気柵作りです
田中正治

PICT0272.jpg

・苗が大きくなってきましたので、草取りの時にはサングラスを持ってきてください。
 苗の葉っぱが目に当たるかもしれないので。

・それに着替えと雨具も。お天気がよくなさそうですので。

・7月6日には、上田真寿夫さんが田んぼ周辺の草刈をやってくれました。
 イノシシ電気柵を設置する前に、草刈が必要ですので。
PICT0274.jpg

・僕は草取りでした。この1週間草取りを1日2時間づつしています。
 なんと、草取りにはまっています。
 というのは電磁波障害に田の草取りは効果がありそうなので。
 体の中の電磁波が田んぼがアースになって放電しているのかも。
PICT0269.jpg