遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月4日ー5日炭焼、側溝修理、野焼き、肥料まき・・・イベントのご案内です

●4月4日ー5日炭焼、側溝修理、野焼き、肥料まき・・・イベントのご案内です
田中正治
yugaku090310.jpg






”暑さ寒さも彼岸まで”という言葉もありますが、彼岸を過ぎても結構寒いですね。
お元気ですか。懸案の炭焼です。

参加ご希望の方は、電話かFAXかメールで、お申し込みください。
電話・FAX: 04-7098-0350(田中・阿部)
yugaku090309.jpg






●4月4日ー5日炭焼、側溝修理、野焼き、肥料まき・・・イベント

1)集合: 4月4日(土)、田中・阿部宅 朝9:30 
電話・FAX:04-7098-0350 
e-mail: masa-fly★sirius.ocn.ne.jp
※★を@にしてご送信ください。

2)交通アクセス: http://yuugaku.gozaru.jp/access.html

3)炭焼開始: ドラム缶の木に火をつける作業 9:45-12:00

4)昼食:   12:30-13:30

5)側溝修理、野焼き、肥料まき 14:00-16:30

6)風呂: 17:00-18:00

7)夕食+交流会:18:30-21:30 ビールなど持参歓迎!
→炭焼の煙の色を見に行く。

8)炭焼の煙の色を見に行く。(夜20:00~22:00の間も)
yugaku090308.jpg






●4月5日(日)
1)朝食: 8:00
2)炭出し 9:00-11:00
3)昼食+ぜんざい:

★4月3日(金)から宿泊も可ですよ。
yugaku090307.jpg





スポンサーサイト

安房ルネッサンス 佐藤竹栄(竹栄接骨院)REPORT

竹栄さんと初めてあったのは、1992年藤本敏夫氏が

参議院選挙に出馬した時だった。

若くして藤本の”秘書”をしている有能な人という印象だった。

彼は鴨川に15年居を構え、現在、柔道整復師として信頼を得ている。

安房マネー会員でもある。僕も2008年末に”ギックリ腰”をやったとき

治療をしてもらい、1回で快方した。

数年前には「未来たち学校」のコーディネイターとして活躍した。
yugaku090301.jpg






田ー藤本選挙には、どうして係わったのですか?

竹ー1991年頃、東京で藤本氏と一緒に、東洋医学を取り入れた

”BODY トリートメント”の事業を立ち上げようという話があったのです。

でも、バブル崩壊で資金が集まらず、取りやめになった後、

藤本氏は”参議院選挙に出馬するぞ”と宣言したのです。

行きがかり上、秘書をやってしまったのですよ。
yugaku090302.jpg






田ー藤本氏と出会ったきっかけは?

竹ー1985年(20歳の頃)、仙台に藤本氏をよび講演を依頼したのです。

講演の夜、川原での打ち上げの時、藤本氏の隣に座ってしまったのです。

それが”運のつき”でした(笑)。彼は熱つぽく里山の多目的利用空間の話をし、

その中での医療の役割をいいました。

”医療者は農村で生活しなければならない”と。

僕は、里山の多目的利用空間での医療の話に興味を持ったのです。

当時既に「柔道整復師」の資格をお持っていましたので。

そこで1986年の1年間、鴨川で暮らしてみることにしました。

実験的に。おもしろかった。

じいちゃん達に竹細工やきのこ狩りを教えてもらったりして。

その体験がその後の出発点になったようです。
yugaku090303.jpg







田ーその後、どうされたのですか?

竹ー1987年から4年間、仙台で超ハードな「柔道整復師」の

インターンの修行したのですが、1992年、藤本氏に呼ばれて参議院選挙を

手伝うことになったのです。
yugaku090304.jpg






田ー藤本選挙は、15万票で当選圏には全く届かなかったですよね。

僕は、選挙を戦った仲間と一緒に「オゾン層保護プロジェクト」という

環境団体を立ち上げ、けっこうユニークな活動をして楽しんだのですが、

竹栄さんは、どうされたのですか?

竹ー仙台へ帰り、その後1年間、アジアへ旅に出ました。

ベトナム、タイ、パキスタン、インドネシア、ネパールと。

そのご、再び鴨川へ行き、1994年、「柔道整復師」として「竹栄接骨院」を開設したのです。
yugaku090305.jpg









田ー実際の治療方法は”操体法”ですよね。どうして”操体法”なんです?

竹ー仙台に”操体法”の治療院「温古堂」があり、橋本敬三先生(創始者)がご健在な頃、

学生時代なのですが、フリーの見学や研修に行っていたのです。橋本敬三先生は

とてもオープンな方で、そこで学んで自由に”操体法”を広げていったらいいよ、

というスタンスだったんです。

柔道整復師のインターン時代は、50~60人の治療をしていて、

量をこなすことが求められていたので、その反動として質を求めて”操体法”に転換したのです。

”操体法”をメインにした理由は、患者さんのリスクが少ないことです。

痛くない方に動かす、気持ちの良い方に動かすですからね。

また、部分でなく全体的治療ですから、直りが早い。

さらに内科的疾患かどうか見分けやすいのです。
yugaku090306.jpg









田ー患者さんは毎日何人くらいみているのですか?安房マネーも使えるんですよね?

竹ー開設した当初は1日、1~2人でしたが、現在は毎日10人くらいですね。

力が要らないので、あまりつかれませんが。

安房マネーは治療費の30%受け入れています。

毎月1~2人の安房マネー会員が治療にみえていますね。




田ーどういった患者さんが多いですか?

竹ー捻挫、首、肩、ひざの痛みで、看護系、福祉系、農業系が多いようです。




田―「未来たち学校」のコーディネイターとして活躍されましたが、

今どういう印象を持っていますか?

竹―水、海、化学物質、廃棄物、森林などをテーマにしてやったのですが、

自分たちの勉強としてはとてもよかった。地域の人もたくさん来、

環境に興味を持ってくれたのですが、何かをやろうということにはならなかったですね。



田―もう一度「未来たち学校」をやろうとおもいます?

竹―再度やるとしたら、主旨を変え、具体的な計画を実施するための

環境学習なら良いかもしれないですね。



田―2004年に「竹栄の鴨川エコシティー構想」を発表しましたよね。そのポイントは?

http://www.k-sizenohkoku.com/tt/tt_anguro/tt_anguro_kamogawa.htm

竹―鴨川にとって環境が、観光の問題であり、産業ブランド育成につらなるということです。

リンクしています。鴨川の海がきれいということが、

鴨川の野菜がうまいということとつながっていなくてはいけないのです。




田―現在、鴨川の最重要な問題は何でしょうか?

竹―資本主義は崩壊しはじめています。次の質を求めているのです。

物と投資が分離しパンク状態にあります。新しい質とは物と金がくっついていることです。

例えばフェアトレードやNPO や中小企業製造業のように。

具体的には、エネルギーの形を変えることです。石油エネルギー型ではなく、

どこでもエネルギーを作れるようにする。太陽光発電、小型水力発電、

バイオマスエネルギー、海水温度差発電、風力発電。

大企業がものを作り輸出する形ではなく、中小企業がネットワークでこうしたエネルギー技術を

広げ、大企業並みに機能させ、地域の中で消費して行くのです。

電気自動車も町工場が作り、キャパシタでの蓄電も利用していく。

こうした地域エネルギー自給、中小企業の時代を前提にして、地域を構想していくことです。




田―そこから鴨川を構想すると?

竹―まずエネルギー自給からはじめ、環境にリンクさせ、観光事業にリンクさせ、

産業にリンクさせていくことです。




田―福祉については?

竹―医療施設は亀田病院はじめ充実しているのですが、介護が必要になる前の福祉、

つまり予防福祉が足りないのです。家にこもっている人が自由に外出できるような

システムが必要です。コミュニティーバスではなく、コミュニティータクシーです。

玄関まで来てくれると外出しやすくなるでしょう。

公共施設が住民のいろんなニーズに応えようとしても応えきれないでしょう。

行きたい人が行きたいところへいけるようにすることです。

それにはコミュニティータクシーの仕組みを作りそれに助成し、

安く利用できるようにすることです。

誰もがデイサービスを利用すればデイサービスはパンクします。

所得に対する税負担を30%くらいにして、高福祉・高負担システムが必要です。

医療費、介護費、生活費保証をするのです。その場合ネックは銀行や保険会社です。

生活不安から人々の貯蓄率が非常に高いですよね。このことで銀行や保険会社は

儲かっているのです。生活保障すれば銀行や保険会社に頼らなくなるでしょう。




田―座右の銘はなんですか?

竹―「判断したことに責任がもてますか」。

患者さんのリスクを減らすことがモットーです。

田―ありがとうございました。

次回炭焼イベントは4月4・5日  田植えは5月4・5日予定

次回炭焼イベントは4月4・5日  田植えは5月4・5日予定
pict 0902 008






田中正治です

・2月28日・3月1日予定しておりました炭焼イベントが雨のため中止となり、
参加予定されていた方たちにはがっかりさせてしまい、すみませんでした。

・中止なのか、延期なのか問い合わせいただいた方もあり、何人かの方と相談し、
僕のスケジュールともにらめっこした結果、次回炭焼きは、4月4・5日(土・日)に
計画させていただきたいとおもいます。

・それから、田植えですが、5月4・5日(月・火)でよろしく。
当初、5月2・3日(土・日)を考えていたのですが、
2・3日は鴨川から南の千倉・「潮風王国」で大規模なアートフェスタが開催され、
そこではアートだけでなく農産物や加工食品、海産物・・・・が出店され、
一大イベントになるようです。安房マネー系の友人たちも参加しようということになり、
2・3日はこのイベントに出店したいのです。
というわけで、田植えは、5月4・5日でよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。