遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月31・8月1日 遊学の森イベントのお知らせです。

7月31・8月1日 遊学の森イベントのお知らせです。
田中正治
IMGP4920.jpg









遊学の森の田んぼは、穂がどんどん出て来ていて花が咲いています。
なまめかしいにおいは受粉の本能でしょうか。
さて、前回メールでもお知らせしましたが、穂が出てくると田んぼには入れません。
ですので、草取りも出来ません。

そこで、7月31日と8月1日に予定していたイベントは、
草取りでなくイノシシ対策の電気策張りと土手などの修理や
草刈(これもイノシシ対策)にしましょう。

これまでの草取りに参加されなかった会員は、
ぜひイノシシ対策のイベントにご参加ください。
参加された方は、収穫されたお米が送られます。
参加されなかった方は、残念賞(^^;)になってしまいますよ。

汗を流して、シャワーを浴び、ビール片手に交流会といきましょう。

◆参加される方は、電話かメールで早めにお知らせください。
食事と宿泊の準備がありますので。
よろしく。
IMGP4919.jpg






●7月31日(土)

1)集合:7月31日(土) 、田中・阿部宅 朝9:30 
電話・FAX:04-7098-0350 
E-mail:masa-fly★sirius.ocn.ne.jp
(★を@にして送信してください)

2)交通アクセス: http://yuugaku.gozaru.jp/access.html

3)イノシシの電気策設置: 10:00-11:30

4)昼食(¥600):    12:30-13:30

5)土手の修理と草刈り  14:30-16:00

6)シャワー:  17:00-18:00

7)夕食(¥700)+交流会:18:30-21:30 飲む人はビールなど持参!

8)宿泊(¥1000又は1000地域通貨)


●8月1日(日)

1)朝食(¥500): 8:00

2)自由時間・散策: 9:00-11:00

3)昼食(¥600): 12:00

★前日の7月30日(金)からの宿泊も可です。ご連絡下さい。
スポンサーサイト

7/17~/19<緊急>田の草取り

7/17~/19<緊急>田の草取り
pict100719 011






稲の成長とコナギの成長が
予想以上に早かったため、
3連休に緊急の草取りと
田の周りの草刈りを行いました。
参加は、上田さん、田村夫妻&田中さん。
pict100719 047






イネの穂が出て花が咲いたら
根が横に張り出すので、もう田んぼに
入らない方が良いとのこと。
pict100719 032






梅雨明けの炎天下で3日間作業して
なんとか一通り終えることが出来ました。
pict100719 045









写真はけっこう希少種・コオイムシ。
雌が雄の背中に卵を産みます。
pict100719 041






pict100719 014









もうこの後田んぼには入れないので
7/31~8/1の最後の草取りの回は
別の作業に振り替えることになります。
内容はあらためて連絡いたしますので
草取り参加がまだの方!分け前がなくなりますので
奮ってご参加くださいませ(^^)
pict100719 018









pict100719 025





「夢の森、思い出の森」

「夢の森、思い出の森」
P1000892 のコピー






田中さんと知り合ったのは、緑の家学校2010年のスプリングセッションの時でした。
「遊学の森」のトラストが取組んでいる田んぼ復活の試行錯誤の話を聞き、
なんと素晴らしい根気強さかと感動し、自分の目でその活動を見たくなりました。
田中さんと出会ってちょうど一週間後、「遊学の森」の草取りイベントが予定され、
参加させて頂くことになりました。

夜、田中さんと阿部さんのお宅に着いて先ず感じたのは、新鮮な空間と時間の流れでした。テレビなどに邪魔されず、環境問題を始め農業のあり方や文化などについて話し合う中、慌ただしい日常生活を自然と忘れ、久しぶりに周りと一体感を覚えるような気がしました。小さい時、実家の庭で蝋燭の明かりを照らしながら、のんびりと過ごした長い夏の夜を思い出しました。
P1000900 のコピー






翌朝、いよいよ田んぼの作業が始まりました。稲作が少ないフランスで生まれ育った私にとって、田んぼの中に入るのは初めてでした。どろどろした水の少ない田んぼを慎重に歩きながら、コナギなど稲の株元の草を取っては泥の中に埋める。
腰を低く落としたまま同じ作業を繰り返していると、いろいろ考え始めました。日本人独特の「ムラの精神」が生まれたのは、この稲作が普及したからこそではないかなど。
周りは、オタマジャクシがわっと慌てて逃げていったり、どっしりとしたカエルがじっと止まったりしていました。
P1000938 のコピー






みなさんの協力があって、夕方までに草取りを終えることができました。
一日汗を流した後の食事はなんと美味しかったことでしょう!
そして、最高の楽しみだった食後のホタル鑑賞の時間がやってきました。
先ずは、道路を渡って見に行くと、数匹が飛んでいるのを見かけ、初めてのホタルに感動しました。ぼんやりと闇の中を浮かんでいるその小さな光は神秘的で、まるで夢の中から出てきたような風景でした。
さらに、5分ほど山道を歩いて上ると、道が曲がったところで幻想的な光景に出会いました。星空の下で、無数の光が林の中に漂い、見えては一斉に消えていく。
そして、隣の田んぼから、カエルの鳴き声も合唱のように響きました。まるで自然が作ってくれたオペラかのように感じました。感激のあまり、言葉が出なくなりました!!!
pict100626 013






短い二日間の旅でしたが、数えきれないほど多くの幸せな瞬間を味わえました。
田中さんのお宅に集まり、夢を語り合うメンバーを見て、私もいつかこのような
“新しい形のコミュニティー”を作り上げることができたらいいなと思いました。
伝統社会が崩壊した現在、昔当たり前だった助け合いの精神が薄まり、孤独に苦しむ人が急増したように感じます。
それに対し、人間関係を作り直しながら地域を中心とした生活基盤を立て直すことができたら良いなと考えています。

田中さん、阿部さん、そして「遊学の森」のみなさん、いろいろお世話になりました。
雨や太陽の恵みを受けながら、今年の稲がすくすくと育ちますように。
またみなさんにお会いできることを楽しみにしております♪
P1000933 のコピー





7月3・4日 遊学の森・田の草取りイベントのお知らせです

7月3・4日 遊学の森・田の草取りイベントのお知らせです
田中正治
pict100613 011






お元気ですか。
苗は元気に分結を続けています。
この時期に草に負けないようにするのがポイントです。

★7月3・4日(土・日)棚田の草取りです。

◆参加される方は、電話かメールで早めにお知らせください。
食事と宿泊の準備がありますので。
よろしく。

★草取りイベントは、今年は4回です。
・5月22・23日(土・日)
・6月12・13日(土・日)
・7月3・4日(土・日)
・7月31・8月1日(土・日)(草取り+イノシシ対策の電気策設置)

★もっとも、上記4回の草取りイベントで、草取りはOKというわけではありません。
その他の土・日に都合のつく方は草取りに来ていただきたいと思います。
日常管理の草取りになります。日常管理費(食事提供+時給¥300)が出ます。
草取りも慣れれば”動禅=瞑想のようになるかも知れませんよ。
8月になれば、稲の花が咲き、田んぼには入れません。


●7月3日(土)

1)集合:7月3日(土) 、田中・阿部宅 朝9:30 
電話・FAX:04-7098-0350 
E-mail:masa-fly★sirius.ocn.ne.jp
※★を@になおしてお送りください。

2)交通アクセスは<こちら

3)田の草取り開始: 10:00-11:30

4)昼食(¥600):  12:30-13:30

5)田の草取り 14:30-16:00

6)シャワー:  17:00-18:00

7)夕食(¥700)+交流会:18:30-21:30
 飲む人はビールなど持参!

8)宿泊(¥1000又は1000地域通貨)

●7月4日(日)

1)朝食(¥500): 8:00

2)自由時間・散策: 9:00-11:00

3)昼食(¥600): 12:00

★前日の7月2日(金)からの宿泊も可です。ご連絡下さい。
pict100613 008





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。