遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

脱穀作業が終わりました

脱穀作業が終わりました
田中正治
y110902.jpg






9月10日稲刈り(9人)をし、24日脱穀作業(6人)が終わりました。
参加された皆さんお疲れ様でした。

現在ご近所の山田さん(農家)に籾摺り作業をお願いしています。
あさって(30日)くらいに玄米になって帰ってきます。
今年は草(コナギ)にまけた感じです。3・11があって、バタバタしていて
じっくり草取りできなかったのです。

稲刈りの時や脱穀の時にも少し意見交換したのですが、来年に向けて
今年の冬から、米糠や燐酸の肥料(魚のうろこの肥料)や籾殻、堆肥などを
しっかり入れようと思っています。今までは肥料を入れずに略奪農法に近かったかもしれません。

それと、之は山形県・新庄のプロの有機農家がことらに来た時、助言されたことですが、


田植えの後、米糠をまき雑草の芽を撹乱し、浅水にして、苗の分決をよくする。
草対策は、田んぼ周辺の草を刈ってどんどん入れ、その草で、コナギが生えてくるのを抑えればよいというのです。

今年は、深水にしたので、分決数が少なくなったのですね。だから籾の数が少ないのでしょう。
それと、田んぼの入り口あたりの東側の雑木が大きくなりかなり日陰を作っています。


そのあたりは分決数が極端に少なかったですね。冬にその雑木を切りましょう。イベントを企画します。

とりあえず築いたことを書いてみました。毎年が勉強です。
y110903.jpg





スポンサーサイト

放射能検査

遊学の森トラスト会員の皆さん
田中正治
y110901.jpg






遊学の森の籾(もみ)の放射能測定検査結果のご報告です

(株)八進に脱原発グループ「南房総サマータイムブルース」の人達と一緒に検査依頼をしました。
僕もメンバーです。
http://minamiboosoo.blogspot.com/ 南房総サマータイムブルース
http://gammaspectrometer.blog89.fc2.com/ (株)八進

・試料名→米(もみ)
・検査対象量→232.3g
・採取場所→鴨川市平塚
・採取日時→2011・9・6
・測定日時→2011・9・9 11:33
・測定機器→EMFジャパン株式会社製EMF211型 y線スペクトロメーター
・測定方法→平成23年3月17日 厚生労働省医薬食品直食品保険部監視安全課発
 「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」に準拠

測定結果
・放射線ヨウ素(I-131)  →測定値-不検出、  暫定規制値- Bq/kg
・放射性セシウム(CS-134)→測定値-不検出    暫定規制値 -500Bq/kg
・放射性セシウム(CS-137)→測定値-不検出  暫定規制値 -500Bq/kg
・放射性カリウム(K-40)  →測定値-37.9Bq/kg  暫定規制値--Bq/kg
                 (定量下限値以下)

★・放射性カリウム(K-40)  →測定値ー37.9Bq/kg検出について
・八進に問い合わせました。
 詳しくは数日後、八進のホームページに説明が掲載されるとのことですが、
 スタッフの方に電話で問い合わせてみました。以下、僕が聞き取った説明です。
・自然界の田んぼや畑に放射性カリウムは0.012%くらいあるといわれています。


・地球が誕生した時(45億年前)から放射性カリウムは存在していて、
 半減期は12億年で、現在まですでに半減期は3-4回迎えている。
 したがって8分に1-16分の1くらいになっているが、
 その分自然界に存在している。
・放射性カリウムは福島原発事故からは発生していないので、
 検出された放射性カリウムは、原発由来ではなく自然界のものである。