遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

田の草取り

田の草取り
田中正治

昨日は雨だったが、今日30日は真夏の晴天、でも風があったので過ごしやすかった。
y150526.jpg






大人4人(田村さん、佐野さん、田澤さん、田中)
子ども4人の参加で第一回の田の草取り。
といっても、米ぬかが効いたせいか、草はほとんど生えていなかった。
これはラッキーだったのだが、同時に苗にもダメージを受けたようで、
苗の分決(新芽が出ること)が悪い。
それと同時に苗がところどころ腐っては抜け状態になってしまっている。
酸欠の結果根が腐ってしまったようだ。
コナギの草取りは午前中で終わったので、
午後は除草機2台で土に空気を入れる作業をした。
y150525.jpg






苗の分決が悪いのは、米糠のため根に酸素があまりいかず、
根が活性化しなかったようであるらしい。
先日山形・新庄のネットワーク農縁の農家・高橋保宏さんに
電話で聞いたのだが、そのような意見だ。
彼は50年有機農業をやっていて、
電話でこちらの情況を話すと手に取るように情況がわかるらしい。
いつも的確なアドバイスをしてくれる。
彼によればこの状態で分決を増やすには、一旦水を落とし、
土の表面を乾かし、太陽にあて根に酸素をいれることということだった。
y150524.jpg






それで、除草作業の後、排水口から他の水を落とす作業をした。
たぶん明日の朝には表面が出るくらい水がなくなっているだろう。
明日は、苗を1箱近所の農家から買って、補植をすることにする。
5月5日が田植えだったので、すでに3週間たってしまっているが
あまりのも歯抜けになっているので苦肉の策だ。ご了解願いたい。
y150522.jpg





スポンサーサイト

2015年除草開始

2015年除草開始
田中正治
y150518.jpg y150519.jpg






5月5日が田植えだったので、2週間がたちました。ほぼ活着(根が着く)した頃です。
これからが除草の時期に入ります。田植え後米糠を播いたのが除草の大一段階。
第二段階は今日から始まった、除草機での除草です。
今、草の種は目を出し始めている頃ですので、除草機(写真)で表土をこねると
せっかく芽を上に向けた草の種はまたもや芽が下にいったりします。
そうすると種はもう一度芽を上(太陽の方向)にするために努力します。
そうして芽が上になった頃、再度除草機をかけ、芽を下にしてしまいます。
草の種にとってはいい迷惑なのですが、ここは草の種に泣いてもらいます。
3周ほど除草機をかけた後、手で草の芽を取ります。
皆で一斉の草取りは、まずは5月30日(朝9:30集合)です。

その頃には桑の実が食べごろです。田んぼの畔に桑の木が何本かあります。
お楽しみに。
y150520.jpg y150521.jpg





米糠まき

米糠まき
田中正治
y150514.jpg






y150515.jpg






y150516.jpg






y150517.jpg







昨夜から雨。恵の雨だ。米糠を不耕起田に播いた。
トンボが脱皮して苗にしがみついて、これから飛ぼうと準備しているようだ。
水スマシも雨でうれしそう。蜘蛛(益虫)も随分出ている。
来週2回ほど雨が降りそうなので、一安心。

浮き草取り

浮き草取り
田中正治
y150510.jpg






昨日の台風の強風で植えた苗がかなり抜けてしまったようです。
補植しました。
それと、いつの間にか浮き草が増えていて、強風で土手のふちに流されています。
よく見てみると浮き部さがびっしり生えているところの苗は
とても貧弱になっていることに気がつきました。
コナギと同じように苗の栄養を吸い取っていくのでしょうか。
y150511.jpg






このことを20年付き合っている山形・新庄の有機栽培の農家に聞いてみると、
やはりそのようで、こういう場合は排水口から浮き草を流してしまうとのこと。
なるほどと思い、排水口から流すと同時にざるですくい土手に出すことにしました。
写真をご覧ください。
y150512.jpg






昨日の台風でどっと雨が降ってくれると思っていたのですが、風台風だったので、
今年は水に悩まされそう。川からの揚水でガソリン代がかなりかかりそうです。
y150513.jpg






遊学の森会員登録した方でまだ郵便振る込みしていない方、振込みよろしく。
今年は赤字にしたくないので。目標は会員17名です。

揚水、草刈

揚水、草刈
田中正治
y150507.jpg









5月12日まで雨が降りそうもないので、川から揚水しました。
二日に一回くらい揚水しているので今年はガソリン代が結構かかりそうです。
でも水を入れておかなければ、コナギ(草)が猛烈な勢いで生えてくるので・・・。
y150508.jpg






周囲の草刈を始めました。約3割くらい。
周囲の草刈は、もうすぐ出てくる稲水ゾウ虫 対策のためです。
稲水ゾウ虫の居場所を少しでも減らすためです。
本当は冬の間に畔や土手の野焼きをして卵を焼きころすといいのですが。
むかしから農家が冬の焼きをするのは害虫対策なのです。
6月になれば稲水ゾウ虫が苗を食べに飛んで田んぼに入ってきます。
こうなれば手で一匹ずつプチっとつぶしていくしかありません。
数千匹に昇るでしょう。稲水ゾウ虫はコクゾウ虫の田んぼ版です。
おそらく兄弟なのでしょう。
y150509.jpg








田植え完了

田植え完了
田中正治

5日、大人14人子ども5人が参加して一気に田植え完了。
あ、勝又さんの分残しておきましたよ。子どもパワーも手伝って一番早く完了でした。
y150504.jpg






今後の草取りの日程ですが・・・・
5月30日(土)
6月13日(土)
6月27日(土)
7月19日(日)
y150505.jpg






どれか1日は参加してくださいますよう。義務ということになっておりますので。
1度も草取りに参加されない場合は残念ながらお米は行きません。
収穫したお米は会員で平等配分されます。
y150506.jpg






なお、どうしても上記の日程がご都合つかない場合は、
7月19日以前のいつでもご都合のよいときにおいでください。
事前にご連絡ください。電話・FAX 04-7098-0350(田中・阿部)です。よろしく。

田植えの準備完了

田植えの準備完了
田中正治
y150501.jpg









2日、水を温めるための畔づくりと不耕起田の草取りをしました。
これで田植えの準備は完了です。
y150502.jpg









後は雨が降ってくれること。大きい方の田は、雨が降らないので
ポンプで揚水をしていますので大丈夫ですが、
不耕起田のほうは山水が頼り。今はちょろちょうろ水が入っていますが、
一雨がほしい!
y150503.jpg






田植えは5日、朝9時集合です。下着の着替えと麦藁帽は持参してくださいね。
現在田植え参加予定は、大人10名子ども2名です。