遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分決

分決

分決(新芽が出る)が少ない。それで新庄の高橋さん(有機農業40年)に相談。
返事は田んぼを干す。水を切って田んぼを乾かすと水不足と思い根を張り、新芽を出すとのこと。

そのために側溝堀り器(写真1,3)で溝を着け田んぼに水はけをよくする。
とにかくやってみることにした。今日から当分は晴天のようだ。
不耕起田の方には赤いイトミミズ(写真2)が出てきている。
イトミミズの糞はトロトロ層を作ってくれるとのこと。

アジサイの季節だ。
次回の草取りイベントは6月27日(土)なので、皆さん準備しておいてください。
スポンサーサイト

13日4回目の除草機での除草と草刈

13日4回目の除草機での除草と草刈
上田さんと田中で。

トンボのふ化直前が何箇所かで見ました。
分決(新芽が出る)は一部活発だが、一部は全く分決なし状態。
6月末までが一番分決が活発になるらしい。
除草は、コナギをとるだけでなく、土をかきまわすことで根に酸素を送り、
また好気性微生物を活発にさせるようです。

分決しなかったところはメタンガスがかなり発生しています。
ということは嫌気性微生物が多いためメタンガスを発生し、
根に酸素が行っていない状態ではないかと思います。

ですから浅水にして太陽がよくあたるようにしながら、
除草機で土をかき回す、これが必要かと思っています。

コナギは少し生えていますが、例年と比べると少ない少ない。

次回の草取りイベントは、6月27日(土)です。
この日が都合のつかない方はいつでもいいですよ。事前にご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。