遊学の森トラスト

遊学の森トラスト in 安房鴨川

おたまじゃくしの聖地

6月13日、水を切っているので、おたまじゃくしがピンチ。
で、おたまじゃくしの聖地を造りました。
おたまじゃくしが死んでいくのを見るのは忍びないので。

今日もザリガニを二匹捕まえました。100匹くらいはいるかも。
yuugaku180607.jpg






yuugaku180608.jpg






yuugaku180609.jpg






水を落としています

6月12日、12,13,14日と晴れの予報なので、水を切り根の張りを良くして
分決(新芽が出る)を促進するため水を落としています。

ボラ(穴)を見つけたのでボラを利用して水を落としています。
半分くらいが表土が出るようになりました。
コナギはほぼ完璧に取ったので、一気に出てくることは無いでしょう。

15人16日は雨の予報なので、14日に夕方ボラ(穴)に石と粘土を詰めて修復し、
水がたまるようにするつもりです。
yuugaku180605.jpg






yuugaku180606.jpg





中乾し

中乾し

6月は分決(新芽が出る)が最も旺盛なときです。
しっかり根をはらし、ミネラルを吸収できる根を創るために
水を切ろうと思います。中乾しです。
山形の親しい有機農家(この人は遊学の田んぼを見たことがあります)
に相談したところ、6月20日すぎがいいのではないかとのことでした。
株数が14本くらいのなった頃で、3日間ほど表面が少しヒビが入るくらいまで水を切る、
そうすると根が深く伸び、根に酸素が供給され、
その根(主根)がミネラル分を吸収しやすくなる。
また側根は水分と窒素を吸収するとのこと。
水を入れ戻すときは、一気にいれず徐々に入れないと
メタン醗酵が起こる。とのことでした。
6月21,22,23,24と中乾しをしてみようかなと思っています。
之は今までで初めての試みです
yuugaku180604.jpg





前のページ 次のページ